商談記録管理

商談の記録を簡略化して、顧客情報の管理に活用

フォーム
受信箱
フォームを活用することで、商談記録の入力作業が簡略化されます。集まった情報も、受信箱で管理、チームで共有することもできます。

活用シーン

商談後のメモの管理に
フォローアップのメールを送る際の参考情報に
他の部署の人が情報を引き継ぐ際の参照に
商談内容のモニタリングに

情報が一箇所にまとまっているので共有が簡単にできる

商談のメモをフォームで管理すれば、一ヶ所にまとめておけるので、チーム内のメンバーへの共有や、他部署への引き継ぎの際に便利です。

入力項目が予め決まっているので手間が省ける

商談記録用のフォームを作成しておけば、メモをする項目を決めておけるため、毎回の商談の記録の際にスムーズに作業が行えます。また、質問の項目も定まるので、ヒアリングの抜け漏れも防げます。

商談の履歴を検索できる

商談記録をすべてフォームの受信箱にためておけば、遡って検索することが可能です。実際の受注の際に情報を参考にしたり、特定のニーズをキーワードで検索して母数の把握などをすることが可能です。

このユースケースを活用できる職種

会社のすべての情報は、
整理できれば財産になる。
クラウド情報整理ツール「Tayori」
無料で試してみるまずは試してみる
お気軽にご質問・ご相談ください

オンラインで気軽に
導入相談ができます

オンライン面談を予約する

PDF資料がダウンロード
できます

資料ダウンロード
すべての部署の業務は、効率化できる。